« 「市民と隔たり 猛省せよ」  山日論説 | トップページ | 山梨県議旅費返還裁判 東京高裁判決全文 »

2013年3月30日 (土)

山梨県議海外旅行旅費返還訴訟控訴決定ー記者会見

 昨日329日、記者会見を行ないました。今回は山本大志代表が最前線に立ってもらって、よかった!! 

 26日に行なった原告団弁護団会議で、控訴の是非について論議した結果、私たちは控訴することに決めました。一審は棄却になったものの、「県議たちが行なった研修旅行は私事旅行ではないかと疑念を抱かれても止むをない。県議らが政治的非難の対象となることは否定できない。」などの内容を引き出したので、今後は県民運動をさらに強め拡げて、県民の立場に立った県政が行なわれるようにしたらどうかとの意見もありましたが、判決で認定した事実と、下した判決の内容がかけ離れている裁判への不信感を全員が抱いており、また判決当日の集会当日も含め、その後も「不合理さとの戦いにむけてさらにがんばろう。」との声にこたえて、控訴することで全員の意見が一致しました。

 記者会見は山本代表が会見要旨を読み上げた後、記者さんたちのいくつかの質問に答える形で会見は進みました。

 その中で、山本代表の次の言葉は説得力があったと思います。

 「(裁判所も認める)むちゃくちゃな旅行をしていながら、形式的な手続きを踏んでいさえすれば違法性がないというような、現在の違法性の基準は問題。このようなことでは、法律が市民生活を守ってくれるとはいえない。裁判所は、形式的な判断基準ではなく、市民の目から見た客観的な違法性の基準を持っていただきたい。」

 夕方のNHKまるごと山梨では、この部分を抽出して報道しました。記者さんに真意が伝わったかなと思います。

 

« 「市民と隔たり 猛省せよ」  山日論説 | トップページ | 山梨県議旅費返還裁判 東京高裁判決全文 »

県議の旅費返還訴訟」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/589756/57068733

この記事へのトラックバック一覧です: 山梨県議海外旅行旅費返還訴訟控訴決定ー記者会見:

« 「市民と隔たり 猛省せよ」  山日論説 | トップページ | 山梨県議旅費返還裁判 東京高裁判決全文 »